忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年02月18日。
肺水腫と診断された日。

数ヶ月前から気になりだした咳も、
いよいよ見てられないくらいになった。

数日前、飛び込みで入った病院でも
心雑音があり 詳しい検査をした方が・・と言われたけど、
その先生に これからの治療を託す気になれず
聴診で肺水腫の兆候はなし。と言われたので
何もせずに帰って来てしまっていました。

また病院 探さなきゃ・・
そう思ってた夜。

病院を選んでる余裕などないくらい 呼吸が苦しそう・・。

PM9:00。

慌てて病院へ。


この病院へは 1年前に 病院探しで 話ついでに
外耳炎の治療をしていただいた事があり
その時の先生の印象が良かった事と、
休診日がなく、診療時間が長い事と
我が家からも近い事で、駆け込みました。


この日、1年前の先生は居なく 違う先生の診察でした。

最初に聴診をしていただき
『お水が溜まってる音はしませんね。』って言われて
ホッとしたのを覚えています。

それから採血とレントゲン撮影があり
結果報告の時に『肺水腫ですね。』と言われたのでした。




仲良くしていただいている ワン友さんの1人に
肺水腫をきっかけに、心臓病と闘っているワンちゃんの
闘病日記を、事細かにブログで綴っている方が居ます。

その方の情報のお陰で、
病院から遠ざかっていたワタシでも 肺水腫がどんな病気か
なんとなくでも知ることが出来ていました。

そこで知った『酸素室』の存在。

病院から帰宅してスグに ネットで申し込みをしたところ
翌朝1番で連絡をいただき
午前中には酸素室が我が家に届きました。




この日から モエたんの闘病が始まったのでした。


拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
酸素室仲間~♪
って本当はルンルン仲間じゃないんだけど
でも酸素室って持っているだけで
あんしんできる
ルルママ 2012-07-16-Mon 13:35 編集
無題
あっ・・・ごめん行っちゃった
安心できる代物だよね
たとえオブジェでもさ

このときのくみちょんの手際の良さはすごかったよ
ルルママ 2012-07-16-Mon 13:35 編集
Re:無題
ルルママさんが酸素室レンタルのリンクを貼ってたのって きっと随分と前のハズなんだけど
きっとその頃から、モエたんの心臓に不安があったんだと思う。
いつか使う時が来るかもしれない・・ってブックマークに入れておいたのが、あの日、役に立ったんだもん。

不安があったなら、ブックマークする前に、もっとやれる事あったのにね(+_+)

酸素室を運んでくれた おじさんが優しくモエさんに話し掛けてくれたのを覚えています。
でも元気そうに見えますね?って^^;

ルルママさんが居なかったら、酸素室レンタルの話なんて知らずに居たと思うから やっぱり感謝なんだな

2012-07-17-Tue 16:37
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]