忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日の採血結果。

せっかくBUNが下がってたのにCRE値の上昇。
どーいう事なのかな?って自分なりに調べてみました。



モエさんってBUNとCRE値の比率がバラバラな事が多くってね。
BUNの上昇は、色んな要素が考えられるケド
CREは、ろ過率を現すので、CREばっかりに注目しがちでしたが

今回。BUNの数値が下がったのは、腎臓の改善ではなくて
考えられる2つの要素。

■肝臓がちゃんと働いてない。
■ご飯を食べないと分解される蛋白質がないから下がる。

BUNは肝臓で作られる物質なので、肝機能が落ちると作られなくなるそうです。

モエさんは低脂肪食を食べていて、蛋白質は、ムシしたご飯を
毎日。モリモリ食べているから

ALPも前回より上昇してるし、今回のBUNの数値が下がったのは
肝機能低下が原因なのかな・・と。

来週。主治医先生に聞いてみようと思います。


拍手[2回]

PR
腎不全用必須アミノ酸製剤。(人間用)


今迄、微量だった てんかん薬のカサ増しに
4種類の特製消化酵素を入れてもらってましたが
今日から、このアミューに変更になりました。少し増量・・(´Д`汗)



お薬に入ってる説明書みたいなのを、先生がコピーして用意してくれてました。

体内で作ることの出来ないアミノ酸(必須アミノ酸)を完璧に摂取出来るそうです。
必須アミノ酸の中でも 絶ぇ~ッ対、欠くことの出来ない
★L-イソロイシン
★L-ロイシン
★L-バリン
・・の3つが完璧に摂れるそうヨ。

何だか副作用も怖い事、いっぱい書いてるけど・・(´Д`汗)


人間用のものなので、薬効もワンコ用のじゃないけど
慢性腎不全の症例に効果的な成績が得られるようなことが書かれてました。

透析患者や非透析患者でもBUN・CRE値の低下、
血清総蛋白質量、アルブミン量の増加、
赤血球数、ヘモグロビン量の増加。

窒素代謝の改善、貧血の改善に有効。などなど・・。

慢性腎不全時のアミノ酸補給が目的のお薬みたい。

アミノ酸が不足すると、肝臓にも負担がかかるし
腎不全用のお薬と思っても肝臓ケアにもなると思えば必要なのかな。

モエさんが今、飲んでるお薬は1コ1コは微量だけど、種類が本当に多い(´Д`汗)
でも1種類のお薬が、あちも、こっちも。って相乗効果のあるお薬ばかりだから
処方が切れないんですよねぇ。

今回、膵炎になって、新たに追加されたお薬は1種類だったけど
元々、肝臓ケア目的で飲んでた2種類のお薬も合わせると
膵炎が原因の胆のう炎ケアになるお薬が3つもありました。

モエたんの身体をトータルで診てくれてる先生の判断・処方だから
信じてお薬・・飲ませるしかないんですよねぇ(´Д`疲)トホホ・・



拍手[2回]

今日は主治医先生のところで、診察と補液がありました。

結果はコチラ


補液5日目の採血で、一端は下がったCRE値。
その後のモエさんを見ていても、状態も良いので今日は更に下がってくれていたら・・そんな期待もあったのですが、何となく嫌な予感はあり・・。

実際、また上がってました(´Д`汗)

採血に入るまでも、いつものように丁寧な問診と触診があり
『なんか、いい感じだよね。』って先生も言ってただけに、採血結果に
先生も頭を抱えていました・・。


補液3日目に、先生はCRE値5.7→3.0を目指していて
僅か0.2しか下がっていなかったモエさんに対して
違う病気を、その時点で疑っていました。

近所の担当医は、結果的に5日目の採血でCRE値が下がったことで
『採血がちょっと早すぎたんだと思う』って言ってた。


ここでまた、采配の差が出る・・・  これは怖いことだよ。


またCRE値が上がってしまったモエさんに、
原因追及のための検査をスグにしてくれた主治医先生。

きっと担当医だけだったら、
『このまま頑張って補液続けてみましょう・・』って経過観察だったと思う。


肺水腫覚悟の上での補液。って最初に聞いていたので
ワタシの中で、勝手なタイムリミットは1週間。そう思ってた。
それ以上の補液は、きっと心臓にくる・・。

そのタイムリミットで結果が出せなかったモエさん。
今日のエコーでも、心臓に負担がかかり始めている兆候が出てしまった・・。


結果から言いますね。

モエさんは『急性膵炎』の疑いが出てきました。


補液3日目の日記

既にこの日、主治医先生はCRE値の下がり方が、単純な腎不全じゃなく、
下がることに反発がある。継続的に腎臓へ負担が掛かっている。
原因は別にある。そう仰ってました。

何かの合併症での急性腎不全だとしたら、
現在のモエさんで考えられる病気は2つ。
◎子宮蓄膿症
◎急性膵炎

エコー検査、ワタシとの問診の結果。消去法で子宮蓄膿症の可能性は無くなった。

残りは急性膵炎・・。


ワンコの膵炎は難しいらしく、考えられる危険因子は多い。
でも、モエさんにただ1つ当てはまるもの。

クッシング症候群・・。この合併症も否めない。

補液3日目の日記で既に先生が『クッシングの合併症』って言葉を出していました。


関心してる場合じゃないけど・・スゲーなぁ。この先生・・('ェ'*)




ここからは、また長くなるので、情報が必要な方だけ読んでやってください(*- -)(*_ _)


先生が、バーッと話す内容を、
いつものように殴り書きでメモしてきたノートからの推測です


膵臓って、十二指腸に向けて消化酵素を出す働きがあって
何らかの原因で、その消化酵素が膵臓に向けられてしまうことがあるらしく、
消化酵素と言えば、物を溶かす酵素・・
その強烈な酵素にやられてしまうのが、膵炎。

症状としては、腎不全にあるような嘔吐や下痢。

膵炎を治療する。ってよりは、膵炎から来る2次的症状を抑えて
膵炎の暴走時期が過ぎるのを待つ。そんな感じらしいです。


他にも
腎炎や抗生剤に反応する病気など、様々な可能性も考えた上での診断で
主治医先生が、急性膵炎を疑うのだから検査をお願いしました。

採血によるSPEC-CPL検査。外注検査なので結果は後日・・。



新たな病気・・と思うと、ドヨヨ~ンなのですが・・(´Д`疲)

でも急性腎不全の原因がココにあったとしたら
補液をこのまま続けていても下がらず・・腎臓機能がどんどん死滅してしまう。

膵炎を旨くブロックできたら、腎機能低下も最小限に防げる。

今は好転してくれる可能性を信じるだけです・・。



そして、採血前の触診でも言われましたが
モエさん・・吐かないんです^^;
ご飯。食べられてるんです^^;
下痢。してないんです^^;


モエさんは今迄、知らないだけで、きっとBUNが高値なこともあったかもしれない。
恐らく、高値に身体が慣れているから、症状が軽いんだと思う。

それにしても・・強人(犬)だと思うけどね・・って先生が。

病態が良すぎる・・って。


ソレを単純にモエさんの生命力の強さだと信じていていいのか・・
ちょっと最近、不安を感じています。


先日。お友達に
入院させた方がいいんじゃない?って言われました。

迷って、ワタシもそーした方がいいのかな?って気持ちにもなりましたが
主治医先生が、『治療の妨げになる』と言うくらい
モエさんのストレスは凄いらしいです。


この間の夜間救急でも
肺水腫になってグッタリんこのハズのコが、鎮静剤もすっ飛ばすほど抵抗してみせて
救急対応に慣れた先生方が、静脈点滴も無理。と言って2時間足らずで退院させたこと。

自宅療養。通院。が モエさんにとっては一番いいらしいのです。


主治医先生は最初に、静脈点滴で入れてあげたい薬はあるけど・・
って話をしたきり、入院は視野に入れてないから その話はそれ以後しません。




モエさんの身体の中で、何が起きてるの・・?(´Д`疲)

早く解放してあげたい・・


拍手[2回]

※物凄く長文です^^;
  読んで欲しい大切な部分は太字にしてあります。
  一番最後のお薬に関するところだけでも、腎不全のあるコには同じことがないように
  切に願います・・。良かったら読んでやってください。
  お友達に腎不全のコが居たら、こんな事もあるんだって。って教えてあげてください
  取り返しが付かなくなる前に・・。




昨日の検査で発覚した腎臓評価の最悪な数値・・。

腎不全のニャンコちゃんのサイトなんかでは
CRE値が 20ってのも何度か目にしたことがあって
最初は小数点の打ち忘れなのかな?って思ってたほど・・

こんな高値もあるんだ・・って情報だけはあったのですが。

モエさんが実際5.7まで跳ね上がったと聞いた時
末期状態なんだって、自分でも分かりました。

モエさん・・
あと1週間。何もしなかったら命落としてたんですって。


それ聞いて、やっぱり後悔しました。

後悔しても仕方が無いんだけど・・気付いてただけにやっぱり悔やまれる。
自分がもっと強く言っていれば・・。って。


水曜日の朝・・

主治医先生に電話したんですけど診察中で取り次いでもらえなくって

口臭がキツイ気がする・・。
近所の病院で 採血してもらった方がいいかな?って

この日は、近所の病院で脚の経過観察で連れてく予定がありました。



看護師さんに伝言を頼んで
看護師さん伝えに返って来た返答が
『担当医さんに良く診てもらって、指示に従って。』って。

ちょっとガッカリしたんですよね・・。

既に担当医には、その事を伝えたのに、口の中すら診てくれなかったし
ご飯食べてないから、活性炭も飲ませてないんです。って言ったら
口臭は それも関係あるのかもねー・・程度の答えだったから
また言っても同じ事・・って諦めてしまった。



口臭は やはり腎臓からくるもので
悪化したことで出る分泌液のせーで、口の中がただれるそーです。
口臭が気になり出してから、ほっぺたの内肉って言うのかな?
歯茎と触れる部分。
あの辺が ただれてしまってました。

こうなると、相当、数値は上昇している状態だったと思います。

具体的なニオイですが・・

一昔前のパーマ液のニオイて言えば分かりますかね?

アンモニア臭。鼻にツーンとくる強烈なニオイです。

最初は、そんなんじゃなかったのに
日を追うごとに臭くなっていきました。



CRE値が、ここまで高いと中毒状態で、普通ゲーゲー吐いて止まらないそうです
モエたんは、1週間くらい前に液状のものが口から出ただけで(その日の日記
全く吐かない。その事に主治医先生が驚いていた。

元々、BUNの値が物凄く高い割りに、CRE値が上がってこないタイプのモエさん。
いや・・高いは高いんですけどね^^;
比率バランスで言うと、BUNだけ飛び抜けてたって言うか。

CREが上がってこないから、吐き気がないのかな。って思ってました。



先生が、希望的な見方として
CRE値が、ちょっとづつ上昇傾向にあって この数値になったのと違い
2.0を切る値でキープ出来てたコの急激な上昇は、ダウンも望めるって。

何より 『モエちゃんは強いコだよ。』って言ってくれました。

肺炎や肺水腫からの復活劇。
あんな処置だけで、よくここまで復活できたね。って言われたほど
ミラクル快復してくれた。

夜間救急でも検査結果のデータと体調がリンクしない。と言われるほど
データが最悪な病態を示していても いつもすっ飛ばして来てくれた。

今回も いわゆる症例にハマらないモエさんの状態。

 『モエちゃんは強いコだよ。』


飼い主を励ます言葉だったとしても
見限ってしまう医者も居る中、やっぱり先生に言われると希望が持てる。

腎臓は粘り勝ち。
諦めたらお終いだよ。

まだ諦める段階じゃないからね。
 そう言ってくれた。



そして、この日から補液がスタート。

経過を診ながらなので、ドコまで続けるのか分からない。
ただ、モエさんは心不全もあるので、補液も十分な量を入れられないのです。

補液は体重の7%がベストらしく、
でもその量を入れてしまうと、モエさんは肺水腫の危険がある・・
100ccに減量はするけど、それでも肺水腫覚悟でやる。と言われています。

肺水腫覚悟でもやる必要がある補液・・
モエさんの腎臓は 本当に、今が勝負時なのが分かります。

飲み薬に関してはコチラを見てください。





アルサルミンと言うお薬。液状のお薬なのでシリンジで注入。
コレを飲ませた30分後くらいに、大量のゲボちんをしました・・

昨日の夜に食べたものが未消化のままゴロンと。
大量のお薬臭のする液体も。

嘔吐する瞬間は見ておらず・・またしてもワタシの目を盗んでやりました(´Д`汗)

何より驚いたのが・・
移動も出来ず、吐いたモノの上でゲボちんまみれで寝ていた(倒れていた)こと。


胃の粘膜を保護するものなので副作用ではないと思うんですけど
朝のお薬前に、食事を取れなかったので空きっ腹で飲んだからかな・・と思います。

胃の荒れたところに、お薬が吸着して残ってるので
いつもの心臓薬は念の為、3時間後に飲ませるよう指示され。
心臓薬は吐かずに 無事。お腹に入りました(´Д`汗)



モエたんの腎臓がここまで一気に悪化してしまった原因・・。

肺水腫の治療をしてから、ちょっとずつ負担になってたとは思うんです。
ただ食欲も落ちず、吐き気も無いコなので分かり難かったとは思うんですけど・・

主治医先生は、データよりも、ワタシの日々の報告を大事にしてくれます。
2回ほど、採血しなくて平気ですか?と言いながらしなかった日がありました。

食欲があり。吐き気がない。触診でも安定しているとの判断で
検査負担を少しでも減らしてあげようって 採血しなかったんですね。

だから どの辺りから 悪化してしまったのかは分かりませんが
脚を傷めたことによって、
お水も飲まなくなり、オシッコもしなくなり。
食事も摂らなくなったこと。排便も当然、出ず。

その事で一気に悪化してしまったようです。

ただ一つ。脱水気味になっていたので
心臓の余計な水分が抜けていたのか 咳は驚くほど全く出ていませんでした。
(水分が抜けて 心臓が小さくなっていたおかげです)



そして、また一つ。恐ろしい情報・・

脚を診てもらった近所の病院で、メタカムと言う痛み止めを打ちました。

モエたんはクッシングがあるので、ステロイド系のお薬は使いません。
非ステロイドのメタカムを使ったのですが・・

胃や腎臓に負担がかかる恐れがあるお薬だったのです。

主治医先生は、改良されてそこまで酷くはないと思うんだけど・・
って言ってたけど、実際にモエさん。急激にご飯食べなくなったし腎臓悪化してるし

もういい加減にして欲しい・・

自分で一応メタカムを調べてみて、気になるところだけ抜粋しておきます。

-----------------------------------------------------------------
【犬に対する注意】

制限事項

◎本剤は、消化管に刺激性もしくは出血性の疾患が認められる犬、
  肝臓、心臓或いは腎臓の機能障害ならびに出血性疾患が認められる犬、
  及び本剤に対し過敏症の犬には投与しないこと

◎本剤は腎臓に悪影響を及ぼす場合があるので
  脱水症状、貧血或いは低血圧症の犬に投与しないこと


副作用

◎本剤の投与により、食欲低下、嘔吐、下痢、潜血便及び元気消失が
  時に見られることがある。
  消化管への副作用はほとんどの場合、一過性で投与を中止すれば消失するが
  まれに重篤化することがある


-----------------------------------------------------------------



・・・と。コレだけを読むと、完全に薬にやられた気がしてならない。

何度となく、この病院で起こるトラブル・・
このままいったら、いつか本当にこの病院で命を取られてしまうかもしれない。

今のモエさんは、いろんな疾患を抱えていて
どんなに小さなスイッチでも入ってしまえば、命に関わるのに。
この期に及んで、まだ傷めた脚しか診てくれてないのか


こんな先生。
どーやって信用しろって言うんだ。

どー向き合っていいのか分からない。

手遅れになる前に 何とかしなくちゃいけない。





拍手[1回]


活性炭

食餌中の毒素を吸着して便として排出させるサプリメント。
石油系活性炭は便秘しやすい傾向で、
植物系活性炭は下痢しやすい(稀に便秘になる)傾向があるようです。


石油系(クレメジン、コバルジン、メルクメジン)

特徴

●分類は医薬品
●石油系は便秘になりやすい
●各製品について補足
  ○クレメジン…人間用
  ○コバルジン…動物用
   ■名前とパッケージが違うだけで中身は全く同一、違いはなし
  ○メルクメジン
   ■クレメジン及びコバルジンの後発品で粒が細かいためにカプセルも小さい



植物系 (ネフガード)

特徴

●分類は健康補助食品(サプリメント)
●主成分が繊維を多く含む植物系なため、石油系活性炭に比べると便秘を起こしにくい?


活性炭投与のタイミングについて
活性炭の投与は食餌に混ぜる・食中・食後が一般的だが、
投与後すぐに別な薬・サプリを飲ませるとその有効成分まで吸着排泄されてしまう。
薬やビタミン剤などを飲ませる場合は少し時間が経ってから与えるようにすると良い。


便秘薬として出されるモニラックにもアンモニア吸着作用はあります。
モニラック血中アンモニア低下の作用機序

活性炭の原理



シャンピニオンエキスレナルガードと言うサプリメントもあり
尿毒症毒素(リン)排出のをしてくれるものですが
現在、レナルガード日本では入手出来ないそうです



レナルガードは、ヨーロッパで販売されてて
人間用では医薬品なのに、動物用では何故サプリメントなのか?と問題になり
農水省の指導で販売延期になってしまったみたいです。
数年経ちましたが、今は日本では売られてないみたいですネ。
もっと考慮しなくちゃいけないモノなんて、いっぱいあるのに・・^^;


コレ。ニャンコちゃん用なのかな?
腎不全は、ニャンコちゃんに圧倒的に多い疾患なので、動物用活性炭のコバルジンも
ニャンコちゃん向けに開発されたと聞きました。

ワンコにもOKなのか分かりませんが、レナルガードに興味のある方は
獣医さんと相談してみてくださいネ^^

レナルガードは、病院で処方される、いわゆる活性炭を受け入れてくれないコ
療法食を食べてくれないコの助け舟になってくれるかもしれない代物です^^

ペースト状で、オークのファンデーションのような色合。無味無臭。
ご飯に混ぜてあげるだけ。
食餌中のリンを吸着する作用があるそうです。


取り扱い店 → 海外通販サイト

日本でも買えればイイのにネ。

拍手[0回]

|  HOME  |   次のページ >>
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]