忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


利尿剤を注射で2日、お薬で2日。
腎機能の値をチェックするため採血に行って来ました。


前回、利尿剤を入れた時はBUNが一気に跳ね上がった事を考えれば
まだマシな数値なんですけどCREが上がって来たせいか
食欲も少し落ちてしまっています。

この結果から利尿剤は打ち切りになりましたが
主治医先生は、肺水腫がドレだけ改善されたかが分からないまま
利尿剤を打ち切る事で、心臓への負担を凄く心配されてました。

採血をしてくれた病院では、

利尿剤を切ることで、腎機能が落ち着いてくれるから
大丈夫ですよ~って
心臓への負担に関しては、何も言ってなかった。

本当にこの先生・・大丈夫なのかな?と思ってしまう(Θ_Θ)


診察料+採血 4.620円。


帰宅後、主治医先生と電話でお話をして
心臓への負担が心配だからと2日後にまた近所の病院で
肺の音だけでもチェックして貰うように指示される。

聴診も何だか適当に見えてしまうので
主治医先生にお願い出来ないかと言ったら
やっぱりモエたんのストレスを考えて。と言われる。

どこでやっても差が無いことは簡単に済ます事。と
いつも言われていて
肺音チェックくらい 獣医なんだから大丈夫。って^^;

夜。
お薬の時間が近くなって来て、急に咳が出てきたモエたん。

明日は、主治医先生も、近状の病院の先生もお休みの日。
明日1日、咳が続いたらどうしよう・・って不安になり
また主治医先生と電話で話させていただいた。

このまま咳が出るようなら今晩からベトメディンを増量しよう。

お薬の説明は、
物凄く時間を掛けて説明してくれる先生なので
電話なのに、また詳しく話してくれました。


そんな会話を聞いてか・・?^^;
パッタリ咳をしなくなったモエたん。笑
夜の散歩も軽快な足取りで済ませて ご飯もモリモリ食べた。

なのでベトメディンの増量は、一端見送った。



この日の体重4.43キロ



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
電話できるって大きいよね
主治医先生とのつながりって
心強いというか
大きいね~存在が

良かったね
ここまでの道のり長かったもんね
ルルママ 2012-07-16-Mon 17:10 編集
Re:電話できるって大きいよね
本当。大きいです。
きっと少しでも病院側で、面倒そうな、迷惑そうな、しつこいぞ感 出されたら電話もしにくいんでしょうけど。笑
いつも親身になってくれるし、逆に先生から気にして掛けてくれたりして感動です(T▽T;)

予約制の病院だから、きっとこういう患者さんも多いんだろうなぁって思います。
だからこそのケアなのかもしれないけど、数が多いほど、やっぱりそれって凄いことで簡単じゃないのにね。
本当、頭が下がります・・。
2012-07-17-Tue 18:26
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]