忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のご飯。



久しぶりに 紫芋を入手^^
モエたん達の大好きな鶏軟骨と一緒に炊いてあげました^^


夜。

ご飯も食べて、お散歩にも行って いいウンPもしたんだけど
日付が変わる頃。

なんだかモエたんの呼吸が気になりだす・・

それまで普通にしてたんだけどなー。

なんとなくお腹で呼吸をするようになって
見ててもちょっと違うかな。って気付くほど。

夜中に聞いたこともないような咳をするようになって  一気に苦しそうな状態に・・。
口の中はけして血色はいい方ではないけど チアノーゼが出てる様子もなく。
でも 出来ることがないから もれなく酸素室へ。


様子を見ている間。

どーしよー・・

夜間救急 行こうかなー・・。

って迷うほど、モエたん ぐったり・・。



肺水腫になった時も、モエたんは どちらかと言うと
咳よりも呼吸が変。って思って病院へ行きました。

今回は、その時よりも酷い咳。

今迄、先生と咳の様子を説明する時に、なぁーんか表現、違うんだよなー・・って
先生の言う”咳”に ピンっとこなかったんですけど
コレかぁ!!って分かっちゃうような 今迄で一番酷い咳が出ました。

息を吸う時も 鼻が鳴るって言うのかな。ブタっ鼻。





朝方4時くらい。
様子が可笑しくなってから3時間程度・・
少し落ち着いてきました。

酸素室に入ってても、嫌々ー 出せ出せーって 抵抗する元気はあったんですけど
また半分扉を開けて、お姉ぃたんが横になって頭で入り口をふさぎ
撫で撫でしながら 2時間くらい ずーっと入っててもらいました^^;


空も明るくなって来てモエたんが酸素室から出て来て
部屋のカーテンを開ける頃には 何だかモエたん元気でね・・( ̄∇ ̄;)

病院、開いたら朝一で行こうと思ってたんですけど
朝の散歩にも行くって言ったら行くって 玄関から出ようとする。

イヤ。イヤ。無理だから。


家の下だけなら・・と一瞬出してあげるつもりで出たら
何だか足取り すんごい軽い( ̄∇ ̄;)

何。この回復力。

逆に 怖いんですけど・・。


結局。
ちょっと柔いけど モリモリ ウンPも出して
スッキリしてお腹も減ったのか、何かくれって。

病院行く前に 少しご飯食べました( ̄∇ ̄;)





朝になって 完全防備で病院へ行きました。


今思うと 良くこの日まで安定していられたな・・って思うほど。
この1週間。
バソトップと言うお薬のみで過ごして来ました。

仮にも肺水腫。と診断されたコが・・。


肺水腫が誤診であったとしても、
肺水腫を起こしても不思議じゃない心臓のモエさんが・・

恐ろしい・・



結局、この日の晩からベトメディンを飲ませる事になり
飲ませて2日目で体調悪化・・


つづく。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
このまちこまきのモエたんは可愛い
このころ
本当にヒヤヒヤだったよね
モエたんの生命力は
やっぱりすごいんだよ

チームミラクルのアイドルに任命してあげてもよくってよ
ルルママ 2012-07-16-Mon 11:24 編集
Re:このまちこまきのモエたんは可愛い
本当?^m^
チームミラクルに入れてもらえるのッ(≧∀≦*)ノ

モエたんの生命力は 凄いんだって信じたいな。

でも どんどん病気が重なってって いつか負けちゃう時がくると思うと
分かってても ちょっと怖いかな・・(ノ△・。)


今ならワタシでも分かるけど
本当にバソトップだけで、よく体調維持出来てたよね・・。
お薬の事が分かってたルルママさんなら、尚更、不思議で仕方がなかったでしょう^^;

2012-07-17-Tue 15:23
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]