忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※モエたんが旅立った後、想い出しながらの記述です。



チィちゃんとお揃いのハウスの中に頭だけ入れてるモエたん・・。




この写真も、最初は お尻を高くあげてたんですけど
力尽きて 伏せてしまってるところです。


一晩中、
あちこち場所を移しては、こんなふーに痛みに耐えていたモエたん・・。




自分から チィちゃんの側に 寄って行った最期の写真。




チィちゃん・・。怖かったね・・。不安で仕方がなかったよね。
でも 頑張ってるモエたんから逃げずに ずっと見てたね・・。
偉かったよ。チィちゃん。




これは先日も 載せた写真ですが
モエたん達のおトイレがある脱衣所で、ひとり痛みに耐えてるモエたん・・。

モエたんは、いつ頃からだろう・・

苦しい咳をする時も、吐き気がある時も
まるで ワタシに見せないように 部屋の隅っこに逃げてコッソリ してるんですよね。

こんなに 苦しい思いを している時も
びっこを引きながら 廊下を歩いて こんな所でひとりで・・って思うと 辛かった・・。

こんな時まで 甘えさせてあげられなかった自分が恨めしかった。


モエたんが 最期に自分の足で歩いて、倒れた場所はワタシの仕事部屋でした。

ちょっと目を離した隙に 見当たらなくなり
探しに行ったら ソコで伏せていました。

ずっと掃除もしてなくて、倉庫化していた部屋に居ました。

この部屋は、普段、モエたん達が出入りするような事はなく
ワタシが縫い縫いしている時だけ、トコトコ着いて来て
足元で寝ているだけの部屋。

その片隅で、やっぱり 隠れるように寝ていたモエたん・・

苦しかったよね・・。
ごめんね・・。

ワタシに見せたくない。って思う モエたんの気持ちを汲んで
少しだけ見ないふりをしてみたりもしたけど、
もう いいよ。モエたん・・

もっと早くに そう言ってあげたら 良かった。



それから モエたんを抱っこして居間に戻り、腕枕をしながら 少しだけ寝る事が出来た。


モエたんは 必ずワタシが居る部屋に移動してきて 側には居るけど
抱っこして欲しいとか イチャイチャさせてくれる事もなく。

お布団に入れば、飛んでくるけど 足元に居るだけで
腕枕も嫌がるコでした・・。

ワタシの横は、必ずチィちゃんのために開けておいてくれるようなコでした。


そんなモエたんも、最期だけね。って腕枕で寝てくれた・・。

モエたんが寝返りを打っても、腕から顔を離すこともなく
朝まで こーやって寝ていてくれた。




病院へ行く仕度をしている間、お布団で寝ているモエたん。

もう痛くても動けない状態だったんだろうけど・・
あまりにも穏やかな顔をして寝ていてね。

ワタシが仰向けで寝て、お腹の上に モエたんを乗せて
30分くらい寝ていました。


・・このまま 一緒に寝ていようかな。
病院 行くの 辞めようかな・・。そう思いました。


あんなにバクバクしていた心臓も 脱水が進んで 凄く大人しかったね・・。
小さな寝息を立てて、お顔くっ付けて ずーっと寝ていたのにね・・。


AM8:00。

ギリギリまで お腹の上に乗せて寝ていました。






モエたん、病院行ってくるからねー。

チィちゃんと、モエたんは コレが最期のお別れになってしまいました。


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
モエたんとの腕枕
できてよかったね
本当に良かった

隠れてしていた咳や嘔吐も
モエたんなりに
お姉ちゃんとチィちゃんへの気配りだよね

なんて偉い子なんだろう
モエたん

自分が苦しいときに

「助けて~」って一番痛いはずなのに
見えないところで倒れていたなんて

モエたん
あなたはなんておりこうちゃんなの

今言ってあげられるモエちゃんへの言葉は
リビングにいるモエちゃんに
お話してあげて

絶対にそこにいるから

チィちゃんのためにも
くみちょんのためにもね

「最期」って言葉を目にするとね
動悸がしない??
私自身も使ってきた言葉だけど

やっぱり苦しいね
最期って言葉

頑張って見るからね
待ってて~モエたん
ルルママ 2012-09-16-Sun 13:20 編集
Re:無題
最期の腕枕も やっぱりワタシのためにしてくれたものでした。

最期だけね。って言うのと
自分が動き回るたびに ワタシが眠れないのを分かってた気がする。
ウトウトする中、腕にさえ顔が付いてくれていれば 寝返りうっても安心してたから・・

最期の仰向け抱っこも・・・
未だにあのまま寝てたら良かったって。
もう少しだけ あのまま寝てたら良かったって思う。

でも病院へ行かなかったら、お薬を入れてあげなかったら
モエたんは もっと苦しかったんだよね・・
だから 良かったのかな・・って思うしかないです

時間じゃない・・
あの時、一緒に寝られたこと。ワタシ忘れないもん・・。

でも やっぱり どの瞬間をとっても
あの時が最期だって分かってたらな・・って思います。

15年近くも時間を貰ってたのに、
してあげたかった事、してあげられないままだった。
2012-09-18-Tue 01:02
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]