忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誤診については、何度か書いてますが

今日は、見当違いもいいとこ診断です^^;


肺水腫きっかけで、通院する事になって
無事にお水も抜け、次の治療の段階に入る頃。

最初は『今は肺水腫の治療が先決!!』と言って
何を言っても取り合ってくれませんでしたが

そろそろサポート食の話。なんかもされるようになってきた頃。




病院で渡されたサンプル食。

手作り食で!!って思ってたので食べさせる気もなかったから
特に突っ込んだ質問もせず貰って帰って来ましたが

ステージ1・2の違いや、ウチのコは、どっちが必要なのか
全く説明もないまま・・

アバウトと言うか、病気になったら取り合えずサポート食。みたいな
食事の重要性。
全く分かってねーじゃねーか。この先生


一応、療法食食べなきゃいけない病態なので
もぅ素人ご飯は難しいかな・・って思って
獣医さんの食事指導を受ける予定で居たんですよね・・・。

忘れもしない3月8日。

電話で、モエさんの病態が分かるような診断書的なもの。
書いてくれませんか?ってお願いしました。

本当は、この頃には不信感がいっぱいで
セカンドを探し始めようとしてた頃なので
旨いこと言って診断書書いて欲しかったんですけど
なんとなく出し渋る感じで

『拡張型心筋症』って
言ってもらったら分かると思います。って。

電話でですが、モエたんの診断を初めて聞きました。



この先生から肺水腫以外の診断名聞いたの初めてでした。

後々調べたら、拡張型心筋症って
ドーベルマンやボクサーなんかの大型犬に多い心臓病なんですよね。


今の主治医先生には初診の時に あっさり否定され
僧帽弁閉鎖不全症です。って再診断されました。


何をもって 拡張型心筋症なんて言ったんだか・・(Θ_Θ)

診断なんだから
言い間違い。なんかじゃ済まされない。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今となっては
この誤診がなかったら
今の先生との出会いはなかったのかもしれないから
そういう意味では
その誤診もありなのかな

ウソウソ・・・マジあり得ない誤診だよね~
ってまた怒ってるわたし
ルルママ 2012-07-16-Mon 11:20 編集
Re:今となっては
ふふ^m^
ワタシ。うっかり先生の話をして、熱くなるルルママさん好きヨ

覚えてるかな?
このサポート食を貰った日も、『説明アバウトすぎない!?』って
ルルママさんが うっかり先生の対応に 引っ掛かってたんだよ^^

ワタシは、どーせ食べさせないから。って気持ちで居たから適当だったけど
本気であげるつもりの人には、必要な説明だもんね。
新商品の試供品じゃないんだからね

ワタシ。ルルママさんには
食い下がらないってコトを教えてもらいました^m^

でも、本当、不思議。
なんで拡張型心筋症なんてことになったんだろう。
言い間違いだったのかなぁ・・

でも今の担当医さんや この病院の他の先生にも、その事を伝えた時ね。
仮に言い間違いや、聞き間違いだったら『はぁ!?』ってことになるじゃない。
でも、そこら辺・・誰も否定も肯定もしないままなんだよなぁー・・

ウソでもいいから ちゃんっと否定して欲しいよね^^;
2012-07-17-Tue 14:00
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]