忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モエたんが旅立ってしまった日の夜・・

PM11:00頃だったと思います。
主治医先生から電話をいただき お悔やみをいただきました。

9月1日。 1週間前の土曜。
       主治医先生のところで診察。(9/1の日記

1週間後に、まさかこんなお別れが待ってるだなんて・・
ワタシは勿論、多分・・先生も予想していなかったと思います。

主治医先生ならば 当然だったのかもしれませんが
この先生だけは いつも 諦めないで 前を見てくれていました。

次から次に 病気を発症するモエたんの身体に向き合ってくれ
病院へ来るサイクルを 1回でも減らしてあげたい。
検査を1回でも 減らしてあげたい。

最後の最後まで、月1回診察を目指してくれていました。


誤診があった 近所の病院へ
再通院を勧めてくれたのも主治医先生でした。


主治医先生のところは 通院時間が1時間以上もかかり

この先。連れて行きたくても行けない。

距離が邪魔になり、時間が勝負となる日が来るから・・と言って
必ず近所に駆け込める病院が必要だと言って
4月から 近所の病院と連携を取って 診てくれたのでした。


先生のところは 基本的に予約診療なので
診療日に体調が悪い事も 何度かありました。

モエたんの旅立ちの前日も、予約日でした。

体調が悪い日に行く時は 必ず、
点滴や注射をして モエたんの負担を
少しでも減らしてあげてから来るよう指示してくれました。

いつも どんな小さな症状でも
たった数時間でも 処置が遅れる事を懸念して
近所の病院へ行く事を勧めてくれました。

いつも モエたんの身体を一番に考えてくれた先生でした。


診察が丁寧で分かりやすく、信頼できる。
その事は勿論ですが、この先生にモエたんを託してこれたのは
モエたん最優先でいてくれたからだと思います。

以前、チラっと漏らしたことがありますが・・

この先生に看取ってもらいたいけど
多分、そんな状態で、先生のところへは連れて行けないだろうなぁ・・って。

その通りになっちゃって。



でも後悔はしていません。

近所のあの病院だったから、
モエたんの魂の抜けてく瞬間を見る事が出来たんだ。って思うしね。


長くなっちゃったけど・・^^;

先生と話した モエたんの最期の診断。

DIC (播種性血管内凝固症候群)

凝固活性化により、血栓が出来、血小板が使い果たされ血が止まらなくなる。

急性膵炎脱水などが原因になりうる。
重篤な出血症状、血圧低下がみられる。

モエたんは、最期2日間
主治医先生の指示で、心臓薬も含め 薬は一切飲ませませんでした

薬を吐いてしまう。と言うこと以前に、血圧の低下が予想されるので
更に血圧を下げてしまうことになりうるから・・と。


血栓による循環不全、出血症状、臓器虚血・・


多臓器不全・・と言われました。

生命維持に必要な複数の臓器の機能が障害された状態のこと。


先生は、最期まで 多臓器不全の言葉を伝え難そうにしてました。



短期間で、いっぱいいっぱい病気した 結末・・。

血が止まらない状態・・ 多臓器不全・・

頑張り抜いたモエたんに 残酷な最期の診断でした。


2月の発病から 本当に短期間で いっぱい病気を発症した モエたん・・

1コ1コの山が 本当に大きくて。

やっと乗り越えたと思っても、体力が快復しないまま
次の山へと立ち向かっていったモエたん・・

流石の 強いモエたんも 体力をちょっとづつ奪われていきました。


若いコでも 1度で命を奪われてしまうような重い病気に
何度も闘って 打ち勝ってきた モエたん。

最期は、高齢ゆえの衰弱・・。


本当に頑張ってくれたと思う。って。



主治医先生は、心臓や腎臓が専門分野なので
膵炎だけは、本当に悔しい思いをするって仰っていました。

モエたんも飲んでいたリビリスターと言う膵炎の治療薬。
ハッキリとした実績のない 動物には、効かない。と言われていたお薬。

膵炎からくる2次的症状を抑えながら、炎症が治まるのを待つ・・
言い換えたら、そのコ達の体力勝負のような病です。


膵炎は繰り返される病だとは聞かされていました。
でも、再発までに早いコでも半年はかかるのに・・何で・・と
再発の可能性が出て来た時に 言っていた先生の言葉が頭に残っています。

でも、もういいんだ・・。

調べたところで モエたんは戻って来ないし。

最期の膀胱炎の診断も・・血尿は血栓が原因で、
もっと早くに何か出来てたら違ったのかも・・

そんな思いがあっても、
病気を診付けてくれたかもしれない主治医先生のところへは
連れて行けない状態だったんだから
そんな可能性を追っても 仕方が無いんだ。


この山を乗り越えられたとしても・・
次に来る山は モエたんにとって もっと苦しいものだった・・

そう思うと、ここで開放させてあげられて良かったんだと。
本当に そう思う。

新たな病気も治療法も、見付からなくて良かったんだと そう思う。



心臓や腎臓という 決定的な疾患ではなく・・
多臓器不全・・って 何か苦しくて

モエたんの最期は・・?って聞かれても

衰弱・・としか言えませんでした。




なんか 今日は苦しくなってきたので この辺で^^;

先生の話も 病気の話も まだ書きたい事があるので また改めて・・


拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
くみちょん大丈夫かな
苦しくなる・・・
うんほんとにそうだね
でも
書いていると不思議と安心もするよね
ブログがこんなに宝物になるなんて思わなかったよ

ルルママ 2012-09-20-Thu 22:09 編集
Re:無題
だいじょばなぁ~~~い(T▽T;)

なんて。ウソです。

ワタシね。
モエたんがした病気の中で、腎臓の症状が 1番 残酷だなぁ・・って今迄 思ってたの。
病気は ドレも 痛くて 苦しくて そのコにはツライものなんだけど・・。

でも、多臓器・・って


・・ね。




先生もモエたんやワタシに対して
残酷だと思ってくれたから 伝え難そうにしてたんだと思う。

やっぱり 最期の診断は キツイな・・。
2012-09-22-Sat 16:37
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
20
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]