忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は近所の病院で補液。


昨日の主治医先生の診断後。
心臓への負担が心配されるので50cc減量、元の100ccになりました。

8.190円なり。



相変わらずバタバタと忙しい病院・・
昨日の報告を主治医先生からいただいたとか。

すっかりこの先生から主治医先生に電話する事がなくなってるそうです。
情報は、ほとんどワタシの口からいただいてる。って主治医先生が言ってた・・。

なんなの コイツ

ここでの結果は、先生から電話してください。そう言っておいたケド・・


主治医先生のところで診ていただくと、書く事が多すぎるほどの情報量


昨日、書ききれなかったことの1つ。

腎性貧血



モエさんは、丁度、先週の土曜日から、痙攣が再び出ています。

その事を担当医は、尿毒症の痙攣と言った。
主治医先生のトコの院長にも補液4日目に聞いたけど、やっぱり尿毒症と言った。

でも主治医先生だけは、てんかん発作だと思うって。
ワタシも、そー思う。


主治医先生が何で判断したのかは分からないけど
普段のモエさんを診ている人と、そーじゃない人の差だと思った。

ワタシがいくら、てんかんの時の痙攣と似ていると訴えても
尿毒症真っ只中の痙攣に、ソレを疑わない。


そしてフラフラ歩くモエさん。

腎性貧血はジワジワ効いてくるから・・って聞いていたので
口の中もモエさんにしては、白いのでソレかなぁー・・って思ってたけど

フラ付き方、後ろ足から腰が抜けるようにへたり込む・・。
そして痙攣・・。
てんかんかなぁーって思うんだ。って主治医先生に言ってみた。


そして採血後の腎性貧血に対する評価。
前回とほぼ変わらず。

この数値だと貧血起こすほどじゃない=フラ付きは、てんかんによるもの。
そう言ってました。


主治医先生は、時々
ハードル上げ過ぎ・・(´Д`汗)
ってくらい、ワタシの報告内容を重視してくれるところがあるので

大事な判断の時に、ソレを重視されると、ちょっと待って
といいたくなる事もある(´Д`汗)


以前に、てんかんの度合いが酷くなったら
今飲んでるお薬に『臭化カリウム』を足すと聞いています。

でも、新たに出て来た膵炎の場合、臭化カリウムも危険因子に含まれていたので
きっと飲む事はないのかな・・と思う。


モエたんの場合、てんかんでも 部分てんかん と言って
意識は飛ばず、痙攣や脱力のあるタイプで軽い方みたい。



フラ付きを観察出来るほど、モエさんは普通に歩けるようになりました。
主治医先生も、アレは何だったんだろうね・・って。

過ぎてしまった後の、こぎ付け。ですけど・・
腎機能の異常を発見してもらうための
モエさんからの危険信号だったのかな。って思う。



拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]