忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は主治医先生のところで、診察と補液がありました。

結果はコチラ


補液5日目の採血で、一端は下がったCRE値。
その後のモエさんを見ていても、状態も良いので今日は更に下がってくれていたら・・そんな期待もあったのですが、何となく嫌な予感はあり・・。

実際、また上がってました(´Д`汗)

採血に入るまでも、いつものように丁寧な問診と触診があり
『なんか、いい感じだよね。』って先生も言ってただけに、採血結果に
先生も頭を抱えていました・・。


補液3日目に、先生はCRE値5.7→3.0を目指していて
僅か0.2しか下がっていなかったモエさんに対して
違う病気を、その時点で疑っていました。

近所の担当医は、結果的に5日目の採血でCRE値が下がったことで
『採血がちょっと早すぎたんだと思う』って言ってた。


ここでまた、采配の差が出る・・・  これは怖いことだよ。


またCRE値が上がってしまったモエさんに、
原因追及のための検査をスグにしてくれた主治医先生。

きっと担当医だけだったら、
『このまま頑張って補液続けてみましょう・・』って経過観察だったと思う。


肺水腫覚悟の上での補液。って最初に聞いていたので
ワタシの中で、勝手なタイムリミットは1週間。そう思ってた。
それ以上の補液は、きっと心臓にくる・・。

そのタイムリミットで結果が出せなかったモエさん。
今日のエコーでも、心臓に負担がかかり始めている兆候が出てしまった・・。


結果から言いますね。

モエさんは『急性膵炎』の疑いが出てきました。


補液3日目の日記

既にこの日、主治医先生はCRE値の下がり方が、単純な腎不全じゃなく、
下がることに反発がある。継続的に腎臓へ負担が掛かっている。
原因は別にある。そう仰ってました。

何かの合併症での急性腎不全だとしたら、
現在のモエさんで考えられる病気は2つ。
◎子宮蓄膿症
◎急性膵炎

エコー検査、ワタシとの問診の結果。消去法で子宮蓄膿症の可能性は無くなった。

残りは急性膵炎・・。


ワンコの膵炎は難しいらしく、考えられる危険因子は多い。
でも、モエさんにただ1つ当てはまるもの。

クッシング症候群・・。この合併症も否めない。

補液3日目の日記で既に先生が『クッシングの合併症』って言葉を出していました。


関心してる場合じゃないけど・・スゲーなぁ。この先生・・('ェ'*)




ここからは、また長くなるので、情報が必要な方だけ読んでやってください(*- -)(*_ _)


先生が、バーッと話す内容を、
いつものように殴り書きでメモしてきたノートからの推測です


膵臓って、十二指腸に向けて消化酵素を出す働きがあって
何らかの原因で、その消化酵素が膵臓に向けられてしまうことがあるらしく、
消化酵素と言えば、物を溶かす酵素・・
その強烈な酵素にやられてしまうのが、膵炎。

症状としては、腎不全にあるような嘔吐や下痢。

膵炎を治療する。ってよりは、膵炎から来る2次的症状を抑えて
膵炎の暴走時期が過ぎるのを待つ。そんな感じらしいです。


他にも
腎炎や抗生剤に反応する病気など、様々な可能性も考えた上での診断で
主治医先生が、急性膵炎を疑うのだから検査をお願いしました。

採血によるSPEC-CPL検査。外注検査なので結果は後日・・。



新たな病気・・と思うと、ドヨヨ~ンなのですが・・(´Д`疲)

でも急性腎不全の原因がココにあったとしたら
補液をこのまま続けていても下がらず・・腎臓機能がどんどん死滅してしまう。

膵炎を旨くブロックできたら、腎機能低下も最小限に防げる。

今は好転してくれる可能性を信じるだけです・・。



そして、採血前の触診でも言われましたが
モエさん・・吐かないんです^^;
ご飯。食べられてるんです^^;
下痢。してないんです^^;


モエさんは今迄、知らないだけで、きっとBUNが高値なこともあったかもしれない。
恐らく、高値に身体が慣れているから、症状が軽いんだと思う。

それにしても・・強人(犬)だと思うけどね・・って先生が。

病態が良すぎる・・って。


ソレを単純にモエさんの生命力の強さだと信じていていいのか・・
ちょっと最近、不安を感じています。


先日。お友達に
入院させた方がいいんじゃない?って言われました。

迷って、ワタシもそーした方がいいのかな?って気持ちにもなりましたが
主治医先生が、『治療の妨げになる』と言うくらい
モエさんのストレスは凄いらしいです。


この間の夜間救急でも
肺水腫になってグッタリんこのハズのコが、鎮静剤もすっ飛ばすほど抵抗してみせて
救急対応に慣れた先生方が、静脈点滴も無理。と言って2時間足らずで退院させたこと。

自宅療養。通院。が モエさんにとっては一番いいらしいのです。


主治医先生は最初に、静脈点滴で入れてあげたい薬はあるけど・・
って話をしたきり、入院は視野に入れてないから その話はそれ以後しません。




モエさんの身体の中で、何が起きてるの・・?(´Д`疲)

早く解放してあげたい・・


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]