忍者ブログ
闘病生活205日、14歳と332日で虹の橋へ渡りました。 7ヶ月弱の闘病は、いろんな疾患が重なりとても過酷なものでした。 情報を求めて辿り付いてくれた方のお役に立ちたいと 始めた闘病記でしたが、今は想い出を綴らせて貰っています^^;
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは、今の主治医先生の初診の日でした。

モエたんが肺水腫と診断されてからも
何度も何度も採血をし
今、思えば腎機能の値も ずっと良くなかったのに
近所の病院では、腎臓については何も触れられず・・

今は心臓が最優先。と
何を言っても相手にしてもらえなかったけど
肺水腫から2ヶ月近くも経つんだから
腎不全を把握していたのなら、そんな言い訳は通用しないよね。


モエたんは もう何年も前から腎機能は落ちていたのかもしれない。
もし、このコが病気になるなら腎臓なのかな・・って
年1回の健康診断で必ずといっていいほど
BUNの数値が引っかかっていました。

でも、どの病院でも『肉を食べれば、これくらい上がるよ』くらいで
腎臓に対する検査は1度も無かった。


腎臓に関して、勉強し始めた今なら分かるけど
血液検査で異常値が出るようになると
既に腎機能の半分以上が落ちている状態です。

予防を・・。と思うなら尿検査をしてあげて下さい。



今の主治医先生は、問診、聴診、触診だけで
疑いのある病名を次々と挙げ、
採血とエコーをかけて診断を下しました。

ほぼ疑いのあった病気は確定。
『今迄、本当に何も言われてこなかったの?』と
不思議がるくらい、ハッキリと症状にも出ていました。

こんな丁寧な診察を受けたのは初めてでした。


診断結果は

左右の嚢胞腎(のう胞腎)

     

慢性腎臓病。でした。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
人間の医療機関でもそうだけど
同じ医療に格差があってはいけないし
そりゃ丁寧に診れる状況ならそうしたい先生がいっぱいいると思うけれど
短時間で的確になおかつ丁寧に・・・
それができる先生の診察だもんね

間違っても
「だと思う・・・」とか
「じゃないですか~??」的な発言は問答無用じゃ!!!

うっかり先生から離れて
本当によかったよ

って私がいつまでも言うな!!!って感じですけど
寝に持ってる・・・わたし
ルルママ 2012-07-16-Mon 09:35 編集
Re:人間の医療機関でもそうだけど
ふふ^m^
ルルママさんが根に持って言ってくれなかったらワタシが毒付いてますヨ。

近所の病院で連携をお願いしに行った時も、
その先生が悪い訳じゃないんだけど ワタシにとっては 全て、言い訳にしか聞こえない事ばかりでした。
主治医先生も同じ条件の下で、診付けてくれたんだからね。

今は心臓第一!!も分かるけど ずっとソレじゃ言い訳にしかならないし
今の診断を見ていても、目先の治療で 身体全体を診てくれてない気が凄くする。
だから見落としや、誤診があったんだって思っちゃいます。

病院運がなかった・・って
そんな運なんかじゃ本当はダメだよね。
闘病頑張ってるコ達みんなに ちゃんっとした医療で向き合って欲しいね・・。
2012-07-17-Tue 03:06
モエたんが・・
プロフィール
HN:
モエたん。
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
1997/10/12
自己紹介:
モエ

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
P R

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]